研究 研究

研究グループ紹介

奈良県立医科大学精神科では基礎研究から臨床研究、専門外来まで幅広く、各専門グループに分かれて臨床と研究を行っています。

電気生理学・分子行動学グループ

当グループでは、マウスやヒトのサンプルを用いた基礎研究およびトランスレーショナル研究を行っています。

電気生理学チームは、ホールセルパッチクランプ法という手法を用いて、スライス化された脳内の生きた神経細胞の電気的活動を記録しています。主にマウスを対象としていますが、ヒトの脳からの記録も行っています。近年は、社会的隔離モデルなど、疾患モデルマウスの前頭前野の機能異常を解明する研究を行っています。また脳神経外科・小児科と共同研究を行っており、ヒトの脳組織を用いたてんかんの発生機序の解明を目指す研究も行っています。


分子行動学チームは、動物モデル研究としては社会隔離モデルマウスと摂食障害モデルマウスの解析を行い、トランスレーショナル研究としては、同モデルマウスの知見にもとづき、自閉スペクトラム症の前頭前野構造・機能解析および摂食障害の腸内細菌叢研究を精力的に進めています。自閉スペクトラム症や摂食障害では炎症反応が亢進し、腸内細菌叢が異常な組成となっていることが報告されているため、これらを丁寧に観察しています。


また、ピッツバーグ大学精神医学部門と共同で統合失調症患者の死後脳を使った分子病理学的研究や、慶應義塾大学医学部生理学教室(岡野研)と共同研究で一卵性双生児の統合失調症患者さんの皮膚から作製したiPS細胞由来ニューロンの機能を分子生物学的・電気生理学的に解析しています。健常者から作製したiPS細胞由来ニューロンと自閉スペクトラム症患者さんの血液から作製したマクロファージを共培養し、自閉スペクトラム症患者さんの脳で観察されるシナプス変化が、マクロファージの異常のみで観察されるのかなども調べています。

スタッフ
教授 岸本年史
准教授 芳野浩樹
講師 牧之段学、講師 山内崇平(留学中)
学内講師 鳥塚通弘、学内講師 紀本創兵
助教 山室和彦、助教 岡村和哉、助教 小森崇史、助教 西畑陽介
院生 山口泰成、院生 高田涼平、院生 萱島善徳
前期研修医 1名
臨床心理士 1名

認知症・画像研究グループ

当科は奈良県認知症疾患医療センターの基幹型指定医療機関として、認知症疾患の早期発見・治療や鑑別診断を行っています。認知症疾患センター外来では、頭部MRIや脳血流シンチやDaTSCANなどのSPECT、神経心理検査、介護負担度の評価などによる多面的な評価を行い、より正確な認知症の診断や個々の患者の問題点の評価、治療や適切な社会サービスの導入へと結びつけています。

画像研究では精神疾患と認知症の脳画像解析を行っています。

精神疾患
当グループでは自閉スペクトラム症や摂食障害を中心とした精神疾患について、他グループと協力して動物モデルからヒトを繋げるトレンスレーショナルリサーチを行っています。分子生物学や電気生理など基礎実験より得られた知見と、ヒトにおける脳構造や機能、臨床症状との関わりについて、MRIを用いて脳を構造的(T1強調画像および拡散強調画像)、機能的(安静時脳画像)に評価することにより、精神疾患の病態基盤の解明を目指しています。また、統合失調症や自閉スペクトラム症患者に対する認知リハビリテーションが行われており、それらの効果の生物学的指標の評価を行っています。


認知症
認知症では物忘れなどの中核症状とともに、うつや妄想といった様々な行動心理症状を呈します。これらは単一の原因ではなく、認知機能低下、介護環境など患者を取り巻く環境が複雑に交わることにより症状化することが知られます。当グループでは認知症疾患医療センターで得られた知見やデータをもとに、MRIやSPECT、神経心理検査を用いてAlzheimer病やLewy小体病などの認知症疾患を中心に、主に行動心理症状の発現の病態基盤を解明する研究を行っています。


スタッフ
助教 北村聡一郎、助教 高橋誠人
院生 吉川裕晶
精神保健福祉士 2名

児童思春期グループ

奈良県立医科大学の児童青年精神医学の臨床と研究には,約30年の歴史があり,近畿において児童青年精神医学の中心的な役割を担ってきました。現在,児童精神科医は助教以上のスタッフに4名おり,児童・思春期専門外来も行っています。関連病院に勤務する医師や心理士なども含めたグループメンバーが集まり,毎月事例検討などの勉強会を行っています。

研究においては,これまで児童青年期における統合失調症(Minor Physical AnomalyとMRIを用いた脳形態画像研究など)の研究,養護学校における知的障害児に関する調査,ハイリスク新生児の精神発達に関する研究など多岐にわたり行ってきました。

また最近では,注意欠如・多動性障害(ADHD)および自閉スペクトラム症(ASD)といった神経発達症を対象として事象関連電位や近赤外線スペクトロスコピィ(NIRS)を用いた研究を行い,神経発達症のバイオマーカーの検討に取り組んでいます。

また,心理社会的治療としてADHD児に対するペアレントトレーニングやソーシャルスキルトレーニングに関する報告や,小学校就学前の高機能ASD児に対する集団行動療法の有用性の報告などを行ってきました。また,ASDモデル動物などを用いた基礎医学研究も行っています。


スタッフ
教授 飯田順三
学内講師 太田豊作
助教 山室和彦、助教 岡崎康輔
臨床心理士 2名

社会精神医学グループ

社会生活では生涯を通じてどのライフステージにおいても様々な問題が存在します。これらの問題は患者のみならずその家族の生活に及ぼす影響も大きく、社会経済的なインパクトも甚大です。しかもそのほとんどが医療者だけでは解決が困難な問題であり、様々な専門職、地域社会の緊密な連携が求められています。精神疾患を有する当事者が、安心して共生できる社会の実現をめざし各専門職が連携することにより、社会の成長と成熟を促していくことが大切です。社会精神医学はまさにこのような役割を果たすべく重要な分野であると考えています。

これらの役割を踏まえて、以下のような臨床研究に取り組んでいます。

  1. 日本医療研究開発機構(AMED)「自殺未遂者支援のための社会実装研究:効果的な自殺再企図防止方略の開発と普及、制度化を目的とした研究」では中核施設としての役割を担い、他の医療機関のスタッフに対して「救急救命センターに搬送された自殺未遂者の自殺企図の再発防止に対する複合的ケース・マネージメントに関する研修会」を多施設共同で定期的に実施し、自殺未遂者支援の普及に努めています。
  2. 東邦大学が中心のAMED「児童・思春期における心の健康発達・成長支援に関する研究」では協力施設として、学校-福祉-医療の連携による早期支援のあり方について検討しています。
  3. 厚生労働科学研究費「早期に退院する精神障害者における再入院と地域定着に影響する要因に関する縦断研究(ePOP-J)」では協力施設として、退院後の安定した生活に向けた適切な治療の在り方や地域の特徴に合わせた入院治療や地域支援の在り方について検討しています。
  4. カルテ調査による精神疾患の予後調査や診断の変遷などについて検討しています。

スタッフ
教授 岸本年史
助教 松田康裕、助教 盛本翼、助教 岡村和哉、 助教 岡崎康輔
院生 上田淳也、 院生 大塚紀朗
精神保健福祉士 3名

リハビリテーショングループ

当研究グループは多職種(医師、臨床心理士、作業療法士、精神保健福祉士)で構成されているのが特徴で、多面的に日常生活のしづらさを評価し、リカバリーを支援することを目標としています。

デイケア

  1. 主に統合失調症患者や高機能自閉スペクトラム症者を対象としたSST、作業療法、運動療法、心理教育、レクリエーション
  2. 気分障害患者を対象としたSST、CBT、グループワーク
  3. 統合失調症患者を抱える家族を対象とした家族会

入院病棟

  1. 気分障害や統合失調症、アルコール依存症、摂食障害患者あるいはその家族を対象とした心理教育
  2. 疾患を問わず入院患者を対象としたSST、作業療法、運動療法

現在、研究として取り組んでいるのは以下の課題です。

  • 高機能自閉スペクトラム症者に対するパソコンソフト(Jcores)を用いた認知機能リハビリテーション(VCAT-J)の効果研究
  • VCAT-Jと援助付き雇用の組み合わせによる包括的支援が就労困難者や離職者の就職や職場定着に与える影響の検討
  • 高機能自閉スペクトラム症者に対する低強度運動療法の効果研究
  • 気分障害患者の復職に影響を与える要因の検討

記憶力・注意力・実行力などの認知機能の低下は多くの精神疾患で認められ、その低下が日常機能の障害を引き起こすことがわかっています。そのため認知機能の改善を図るために様々なリハビリテーションが行われています。最近では、認知機能リハビリテーションや運動療法を受けた人は記憶力や作業記憶などの認知機能が改善するといった研究結果が報告されています。当院でも積極的にVCAT-Jや運動療法に関する研究を実施し、就労などリカバリー支援に役立つ新規治療法の確立を目指しています。


スタッフ
助教 松田康裕、助教 盛本翼、助教 原田泉美、 助教 岡崎康輔
院生 上田淳也
精神保健福祉士 4名

TOPへ